【随時更新】伝わる求人原稿の書き方ー職種/仕事内容編

効果的な求人原稿とは何でしょうか?

それは、求める求職者からの応募がある原稿ではないでしょうか。求める求職者から応募してもらうには、自社や仕事について正しく伝える必要があります。求人原稿が正しく書かれてないとこんな事が起こります。

  • コンプライアンスに違反した求人が掲載されてしまい自社の評判を落としてしまう
  • 原稿を見た求職者が知りたい情報が得られずに応募まで至らない
  • 応募者との認識にギャップが生じてトラブルに発展する危険性がある
  • 掲載している求人がIndeed PLUSやIndeedに掲載されない

裏を返すと、求人原稿が正しく詳しく書かれていれば、少なくとも求職者に検討してもらうことはできるわけです。今は、求人広告代理店に任せず自社で求人原稿を書く企業さんも増えています。

そこで、この記事シリーズでは求人原稿に不可欠な項目別に、正しく伝わる求人原稿の書き方のポイントについてご紹介しています。随時更新していきますので、迷った時に辞書的に使っていただければと思います。

伝わる求人原稿の書き方

目次

職種/仕事内容の書き方の基本

まずは、職種/仕事内容の書き方の基本について確認しましょう。

職種名は一般的に使用される名称であり、かつ職務内容がイメージできることが望ましい。

一般職、総合職、見習い など仕事内容がイメージしづらい場合には、NGではないが、Indeedなどの検索エンジンでヒットしづらくなる可能性が高い

職種/仕事内容の注意したいポイント

職種/仕事内容欄を記入するときに注意したいポイントについてご紹介します。

1原稿1職種で記載する

営業・事務など

→営業・事務と2職種あるなら2つの原稿にわけて作成する必要があります。また、「など」「他」といった曖昧な表記も推奨されません。

職種/仕事内容の効果的な書き方のコツ

次に、職種/仕事内容欄をより魅力的にアピールする書き方のコツをご紹介します。

具体的な数字を含めて仕事内容を書く

営業1人あたりの担当顧客数は50社程度。1日の訪問件数は平均して3件くらいです。

→業界経験者だとイメージしやすく、未経験でもどのくらいが基準となるかが伝わる

疑問は解消されましたでしょうか?

「この原稿表現は大丈夫?」「もっと効果的な書き方はある?」

と疑問がある方はお問合せくださいませ。

伝わる求人原稿の書き方

▼HRハッカーで求人を作成して拡散したい方はこちらからどうぞ

この記事を書いた人

目次