【随時更新】伝わる求人原稿の書き方ー応募資格編

効果的な求人原稿とは何でしょうか?

それは、求める求職者からの応募がある原稿ではないでしょうか。求める求職者から応募してもらうには、自社や仕事について正しく伝える必要があります。求人原稿が正しく書かれてないとこんな事が起こります。

  • コンプライアンスに違反した求人が掲載されてしまい自社の評判を落としてしまう
  • 原稿を見た求職者が知りたい情報が得られずに応募まで至らない
  • 応募者との認識にギャップが生じてトラブルに発展する危険性がある
  • 掲載している求人がIndeed PLUSやIndeedに掲載されない

裏を返すと、求人原稿が正しく詳しく書かれていれば、少なくとも求職者に検討してもらうことはできるわけです。今は、求人広告代理店に任せず自社で求人原稿を書く企業さんも増えています。

そこで、この記事シリーズでは求人原稿に不可欠な項目別に、正しく伝わる求人原稿の書き方のポイントについてご紹介しています。随時更新していきますので、迷った時に辞書的に使っていただければと思います。

伝わる求人原稿の書き方

目次

応募資格の基本編

まずは、応募資格の書き方の基本について確認しましょう。

求職者が自分に応募資格があるかどうかを判断するための情報となるため、仕事をおこなう上で必要となる能力以外のことは記載できません。

応募資格の注意したいポイント

応募資格欄を記入するときに注意したいポイントについてご紹介します。

年齢制限の禁止

30歳までの方

50代の方も積極採用中

50代の社員が活躍中

→活躍している、という事実を述べているだけなのでOK

65歳未満の方(定年のため)

→定年の年齢を上限としているためOK

性別を限定した募集の禁止

男女雇用機会均等法により、募集や選考、採用や配属において男女で異なる扱いをすることは禁止されています

女性歓迎

男性のみの募集です

OLさんや主婦の方歓迎

→女性に限定した呼びかけをしているためNG

応募資格の効果的な書き方のコツ

次に、応募資格欄をより魅力的にアピールする書き方のコツをご紹介します。

必要以上に応募資格を増やさない

大卒以上、経験者◯年以上の方、即戦力求む、など必要以上に学歴や職務経験を高くしてしまうと、そもそも応募が集まらない可能性があります。募集の段階では、必要最低限の応募資格を設定しましょう

必須条件と歓迎条件をわけて書く

■必須条件ーパソコンの基本操作(Word/Excel/Powerpoint)、普通免許  ■歓迎条件ー営業経験、人材業界での経験

→何が必須か書かれていることで応募資格があるかどうかわかり、さらに他に何があると良いのかがわかるため、今後どんなスキルや経験を身につけていくかがイメージできる

未経験で入社した人の割合を書く

現在活躍している先輩たちの8割が未経験で入社しています

→自分と同じように未経験で入社した人が活躍していることがわかり、未経験の人が安心して応募できます。

疑問は解消されましたでしょうか?

「この原稿表現は大丈夫?」「もっと効果的な書き方はある?」

と疑問がある方はお問合せくださいませ。

伝わる求人原稿の書き方

▼HRハッカーで求人を作成して拡散したい方はこちらからどうぞ

この記事を書いた人

目次