【随時更新】伝わる求人原稿の書き方ー基本編

効果的な求人原稿とは何でしょうか?

それは、求める求職者からの応募がある原稿ではないでしょうか。求める求職者から応募してもらうには、自社や仕事について正しく伝える必要があります。求人原稿が正しく書かれてないとこんな事が起こります。

  • コンプライアンスに違反した求人が掲載されてしまい自社の評判を落としてしまう
  • 原稿を見た求職者が知りたい情報が得られずに応募まで至らない
  • 応募者との認識にギャップが生じてトラブルに発展する危険性がある
  • 掲載している求人がIndeed PLUSやIndeedに掲載されない

裏を返すと、求人原稿が正しく詳しく書かれていれば、少なくとも求職者に検討してもらうことはできるわけです。今は、求人広告代理店に任せず自社で求人原稿を書く企業さんも増えています。

そこで、この記事シリーズでは求人原稿に不可欠な項目別に、正しく伝わる求人原稿の書き方のポイントについてご紹介しています。随時更新していきますので、迷った時に辞書的に使っていただければと思います。

伝わる求人原稿の書き方

目次

求人原稿の基本編

まずは、求人原稿の書き方の基本について確認しましょう。

全国求人情報協会が発行しているこちらの冊子が参考になります。

▼募集・採用の基礎知識(2022年2月発行版) 

全国求人情報協会
全国求人情報協会 ASSOCIATION OF JOB INFORMATION OF JAPAN

求人原稿の注意したいポイント

求人原稿を書く時に注意したいポイントについてご紹介します。

著作権に注意する

他の求人媒体に掲載時に、取材してもらった原稿データは著作権が媒体社にある場合があります。基本的にはそのまま利用せず、確認・了承をとるか、参考程度にとどめ書き直すようにしましょう。

肖像権に注意する

求人原稿内に使用するスタッフ写真は、本人の了承を得て掲載するようにしましょう。また、退職したスタッフが写っている場合には、今所属しているスタッフの写真に差し替えるようにしましょう。

求人原稿の効果的な書き方のコツ

求人広告を魅力的にアピールする書き方のコツをご紹介します。

募集ターゲットを具体的に決める

アルバイトの募集であっても、学生向けか?主婦の方向けか?フリーター向けか?シニアの方向けか?といった、メインの募集ターゲットによって書き方や表現は変わります。最初に、今回はどんな求職者に対して原稿を書くのかイメージしてから書き始めましょう。

疑問は解消されましたでしょうか?

「この原稿表現は大丈夫?」「もっと効果的な書き方はある?」

と疑問がある方はお問合せくださいませ。

伝わる求人原稿の書き方

▼HRハッカーで求人を作成して拡散したい方はこちらからどうぞ

この記事を書いた人

目次